テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

苦しい状況で手順を守る

2017年10月のテーマは「横に走らされた時のコントロール

 

どんな作業にも手順というものがある。手順がバラバラでも完成しなくはないが、やはり正しい手順通りに行った方が成功しやすい。

テニスの打ち方もそうである。

 

相手ボールを見る

どんなボールを打ち返すか決める

決めたボールを打ちやすい場所まで、打ちやすい格好をしながら移動する

場所にたどり着いたら、ボールに合わせてタイミングを計る

ボールを打つ

次に相手が返してくるであろうエリアの中心に移動する

構えて次のボールを待つ

 

言葉にすると、結構やることがいっぱいある。打ち方をもっと細分化することもできるが、ここでは面倒なのでしない。

 

これらの手順が滞りなく、精密に行われていくと、いいショットが打てる。

しかし、遠くへ走らされたり、速いボールを打たれたりすると、手順を飛ばして正しい手順通りにいかなくなってしまったり、手順の中で行われていることの精度が落ちてしまう。

 

ここを練習で克服しようとした。

手順を守りなさいと強調すると同時に、走らされるという負荷を与えることによって、生徒さんは、必死に走りながらその手順を追って実行しようと試みる。

必死に走りながらというところがミソだ。苦しい状況で手順を守るということで、より必死に手順を覚えようとするし、いざラリーになったときに、走り出せば自動的にその手順を思い出すことになるからだ。

 

何も考えずに走り出すと、とにかくラケットに当てなきゃという気持ちが働きやすくなり、ラケットや自分の頭から先にボールに向かってしまい、「何を打つか決まっていない」「場所もラケットも正しく準備されていない」「タイミングもはかっていない」という状態におちいってしまうのだ。これだと、失敗してもどこを直せばいいか自分では気づきにくい。

なので、手順通りにやることで、失敗の原因がより具体的になるという効果もある。

 

様々な問題は具体化したり、細分化することによって解決策が見えてくるものである。