テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

サーブのトスアップ問題(トスの高さ)

トスの高さは当然打点の高さより上の方が良いです。現在はあまり見かけなくなったクイックモーションからのサーブの場合は、トスが上がりきる前にインパクトするので、あまり高さに気を使うことはないのですが、クイックモーションからのサーブは一般のプレーヤーには難しいので、あまりおすすめはしません(アンリルコント懐かしいなぁ)

トスアップを高くするためには、左腕を短時間に長く動かす必要があります。具体的には左足のももから頭上1番高いところまで、ノンストップで一気に振り上げます。ボールを手放すのは顔の高さの辺りですが、そこで左手を止めてはいけません。最後まで一気にです。

そうやって上げた左手は、トスアップの役割を終えた後も頭上に残しておきます。その左手がサーブの打点の高さを測る「もの差し」になるからです。ラケットを振り上げ始めるまで、左手は頭上に残しておきましょう。