テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

自分に合った当たりを見つけよう

10月のレッスンテーマシリーズ

ベースはこちら

厚い当たり、薄い当たり、とは? - テニスにて

 

攻撃的なショットは失敗するリスクが高いものです。常に攻撃をしようとすると、うまくいけば得点につながりますが、それ以上に自分のエラーも増えてしまいます。

なので、攻撃をしても失敗が少なそうなチャンスボールを相手が打ってくるのを、リスクを抑えた安全なショットを打って待つ、という作戦がポピュラーです。いわゆる「つなぐショット」ですね。

つなぐショットはエラーを減らすために、ネットよりかなり高めの弾道でネットを越しやすくして、ボールのスピードを抑えてコートに収まりやすくする必要があります。

相手がチャンスボールを打ってくるまで、このつなぐショットをコンスタントに打ち続けるためには、つなぐショットを打つときのインパクトの感触が心地良いものである方がいいと僕は考えます。

この感触を生み出すのが、ラケットとボールの当たりの厚さ薄さです。つなぐショットを打つときの当たりの厚さ薄さは、実は皆同じではなく、人それぞれなのです。人によってグリップが違いますし、スイングスピードも違います。

スイングスピードが速い人は厚く当てて高めのボールを打つとボールが飛びすぎてアウトしやすくなるので、薄めに当てた方が良いでしょう。逆に、スイングスピードが遅めの人は、高めのボールを打ってもボールスピードが遅い分、厚めに当てても重力で下に落ちやすくなります。

このように、同じ弾道で同じ場所にボールを落とすとしても、人によって当たりを厚くした方がいい人もいるし、薄くした方がいい人もいるので、他人のマネをせず自分にとって心地良いインパクトの感触を探して、厚さ薄さを調整してみるといいと思います。

余談ですが、このつなぐショットを打つときの心地良いインパクトを探し当てることができると、ラケット選びがわかりやすくなります。