テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

速いボールに対するラケット面の準備

この前、速いボールに対しては厚い当たりがいいよという記事をエントリーしました。

サービスリターンは厚く当てる?薄く当てる? - テニスにて 

 

この場合、インパクトでのラケット面は当たる瞬間に形作られるものではありません。当たる瞬間に「押す」とか「こする」とか、ゼロコンマ何秒の瞬間に意志を込められるものではないのです。特に相手のボールが速い時などは、もっとそんな余裕などありません。

なので、ラケットを準備するところからインパクトでのラケット面を作ってラケットを引いて、そのままその面をボールに向かわせるのがおすすめです。