テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

打ちやすい場所を探すフットワーク

10月の初級のレッスンは

「ボールから離れるフットワーク」

です。

ラリーの中では、このフットワークと近づくフットワークを併用して、ボールとの距離を微調整してから打つという習慣をつけられるようにしていきます。

ラケットのスイートスポットに当てるコツ - テニスにて参照)

打ちやすいところにボールは来てくれないから、ラケット面当たりやすく、スムーズにスイングしやすい場所に「近いかなー、遠いかなー」と迷いながら近づいたり離れたりのフットワークを使っていきます。

正解の場所でなくてもいいんです。迷いながら、悩みながら調整していくプロセスが大事なのです。