テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

ダブルスの役割分担(本音と建前)

ダブルスのゲームでは、二人の各プレーヤーに役割があって、その役割がうまく機能すればポイントを取れやすいのですが、その役割の構造が二重になっているので、ここがなかなか難しいところです。

 

まず建前の役割がコートを二分化して半面ずつ守るという役割分担。

しかし本音の役割は、ひとりが攻撃役で、もうひとりがサポート役という攻守の役割分担。

この建前の役割と本音の役割の二重構造が、前衛の動きを難しくさせています。

建前の役割ばかりに固執して、自分のポジションから離れずにいると、チャンスボールが来ても攻撃という本音の役割を担えなくなるし、自分の守るべきポジションを捨てて、攻撃の役割ばかりを果たそうとすると、オープンコートが出来上がってしまい、簡単にエースを取られてしまう。

 

上手な人は、本音を隠して建前を相手に見せます。

「私はここだけを守ってますよ、攻撃する気ないですよ」っていう顔をしておいて、少しでも甘くなったら豹変して攻撃してくる。あるいは「攻撃しちゃうよ、しちゃうよ」という仕草を見せておいて、元のポジションに戻る。

こういう本音と建前をうまく使い分けて組み合わせられることが大事なのです。