テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

9月のレッスンテーマまとめ

9月のレッスンテーマのおさらい

 

ハイボレーの特徴 - WANNAKNOW

要点

肩より高いボールは、ほとんどの人はネットより高い打点になるので、ボールを打ちおろせる、つまりスピードアップできるということを意味します。

 

高い弾道のボールは滞空時間が長くなるので、多少遠いボールでも取りにいけます。

 

 

遠くのボールをハイボレーで攻撃する - WANNAKNOW

要点

安全り動けるように、足を引きずらずに、地面から離して走ることが大前提です。

 

サイドステップで近づくよりは、普通に走った方が早いです。

 

それにスピードが出しやすい打点の高さは、肩より少し上ぐらいになりますので、その高さでボールが打てるように、相手が打ったボールの弾道に合わせて打つ場所を微調整する必要もあります。

 

 

ハイボレーの狙いどころ - WANNAKNOW

要点

近くのプレーヤーへ打つ方がスピードが落ちる前に通過するので反応する時間を減らすことができます。

 

相手のスネの高さにスピードアップして打ち下ろすのが定石と言えるでしょう。

 

ハイボレー、ラリーの中で失敗から学ぶ - WANNAKNOW

要点

「ボールが高くなった、遅くなった」という変化が見えたら走り出す、というクセをラリーの中で身につけさせます。

 

とりあえずいろんなケースに挑戦して、いろんな失敗をすることで、「こう見えたボールは取れる」とか「こう見えたボールは前進した方がいい」とか「こうなっちゃったら取れない、あるいは失敗する」というデータが貯まっていくからです。