テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

後衛のミスの減らし方4広い視野を

前回まで
後衛のミスを減らす - WANNAKNOW
後衛のミスを減らす2技術的な原因 - WANNAKNOW

後衛のミスの減らし方3リスクの取り方 - WANNAKNOW

  1. 技術的な原因
  2. ショットの選択ミス
  3. 相手に取らせまいという気持ち

 


今日は「相手に取らせまいという気持ち」です。

 

これは、後衛は相手前衛に取らせまいという気持ちを持ちましょうという意味ではないです。後衛のショットミスの原因が、この「気持ち」にあるということです。

雁行陣同士のラリーになると、相手後衛に返そうとする時に、前衛が「取っちゃうよ」って感じで打球コースを邪魔しに動いてくる場合がよくあります。この動きを嫌って相手に取らせまいとコートの端っこを狙ってボールを打ってしまい、結果アウトしてしまったり、打ち急いで力んでネットに引っ掛けたりというミスを、試合中に結構見かけます。

このように、「取らせまいという気持ち」が難易度の高いショットを選択させたり、打ち急ぎを誘発するのです。

解決策としては、相手の動きを気にせず最初の意思決定通りに打つか、相手に取らせるつもりで打つかです。取らせることを前提に打てば、次のボールに対する準備しなきゃという気持ちになっていきやすくなる。

「取らせまいという気持ち」と「次の準備しなきゃという気持ち」では行動に雲泥の差が出ます。それに取らせようとすればショットの難易度が下がって失敗も減ります。

取られたら取り返せばいいんです。あまり狭い視野で考えずに広く打ちましょう。