テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

後衛のミスの減らし方3リスクの取り方

前回まで
後衛のミスを減らす - WANNAKNOW

後衛のミスを減らす2技術的な原因 - WANNAKNOW

 

  1. 技術的な原因
  2. ショットの選択ミス
  3. 相手に取らせまいという気持ち

 

今日は「ショットの選択ミス」です。

みなさん、プロのテニスプレーヤーっていうのは、いつもほぼほぼ同じフォームで打ってると思ってませんか?まるで一つの公式を覚えれば全部の問題が解けるかのように勘違いしてませんか?

上手な人ほど、数十センチの単位でボールの高さや長さがコントロールできたりします。相手の打つボールも様々なバリエーションがあります。なので、一つの打ち方で全てが収まるわけがなく、何十種類もの打ち方の中から、状況に合わせて選択していくのです。

相手が打ってきたボールの難易度、現在の取得ポイントやゲーム数の差、相手のポジションや弱点、自分が打てる技術の範囲、そんなこんなを総合して、どのくらいのリスクを取るのかを決断しショットを選択するのです。

この「どのくらいのリスクを取るのか」次第で失敗するか成功するかが変わってきます。後衛は、一人でポイントを取るわけじゃありません。前衛のパートナーに攻撃させられるようにサポートしないといけない。当然リスクは抑え気味になります。

案外、上手な人でも、ピンチに陥った時など、このリスクの取り方を間違えて、自分があんまり打ったことのないようなボールを打とうとしがちです。試合中に急に上手くなることはありません。自分ができる範囲の中でベストを尽くすことが大事です。

もっと具体的に言うと、リードされてる状態で、相手が速いボールを打ってきた時に、少しスピードを落としてその代わりに高くボールを上げて失敗を減らす、というようなリスクの取り方、選択や決断ができるかどうかなのです。

みんな、これがなかなかできない。自分の技術を過信してたり、速いボールを打たないとポイントが取れないと誤解して自分のポイントの取り方が確立していないのが原因です。