テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

スプリットステップとは

今日は「スプリットステップ」がテーマです。

 

ラリー中、相手のボールに正しく反応する準備として行う動作です。

まず、ボールはどっちに飛んでくるかわからないので、体は相手に対して正面向き、足は横に揃えます。テニスは打つとき、体重移動するショットが多いので、打ち終わりで前後に足が置かれてる場合が多い。なので、意識的に足を横に揃えるようにするのです。

そして飛んでくるボールを追いかける一歩目を素早く出すために、足を横に揃えた時や揃えた後に軽くジャンプをします。これがスプリットステップです。このジャンプの地面からの反動で走り出す一歩目がスムーズになりやすいのです。

ただ、このタイミングやジャンプの大きさを間違えると、走り出すのが大幅に遅れてしまうので注意が必要です。

タイミングとしては、相手がボールを打つ(インパクトする)のと同時にジャンプの着地をします。ここで気をつけてほしいのが、相手のインパクトに合わせてジャンプをするのではなく、着地をするということ。ジャンプが遅れて、相手のインパクトの後に着地をするとかなり一歩目は遅くなります。インパクトよりも前に着地をする分には大丈夫ですが、少しリズムが合わなくなるリスクはあります。

そしてジャンプの大きさ。ジャンプジャンプと言っていますが、ブルーハーツが歌いながら飛び跳ねるジャンプのようなものではなく、ホントに少しのジャンプで十分です。もっと言うと、スプリットステップのスプリットとは「開く」という意味で、上に飛ぶというよりは、肩幅ぐらいだった足の幅を、パっと少し開くように着地をするのが本来の形です。

このようなステップを相手の打球時に行うことによってボールを追いかける一歩目を早くして、前後左右どこにくるかわからないボールをニュートラルに待てる構えを作り出すのです。