テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

雁行陣同士のクロスラリー3

雁行陣同士のクロスラリー第三弾
前回まで
雁行陣同士のクロスラリー1 - WANNAKNOW
雁行陣同士のクロスラリー2 - WANNAKNOW


今回はレシーブ時のサーバー側のボレーヤー

f:id:C_geokun:20160916225102j:image

この図でいうとBのボレーヤーです

Cのレシーブが自分の方に来たか、あるいは取りに行くかをまず選んで決めます。自分の方に来なくて、かつ、取りにいかないと決めたら、今度は相手ボレーヤーDからの攻撃を警戒してコートを守るために下がらないといけません。前回も説明しましたが、コートを守る時は、コートの端よりも、真ん中を守った方がいいのです。

なので、半面の真ん中からセンターラインに向かって下がるわけですが、ボールは動いてるわけですから、際限なく下がるわけではありません。ある程度のところで止まっておかないと、いざ攻撃された時に反応できないし、また攻守が逆転したときに最適ポジションまで前進できなくなります。

じゃあ、ある程度のところってどこかというと、場所というよりは、相手が打ったボールが自陣にバウンドした時に止まるといいです。つまり自分が取らないと決めて、そのボールがバウンドするまでなので、下がる時間は1秒あるかないか、歩数にして1〜2歩です。