テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

雁行陣同士のクロスラリー2

雁行陣同士のクロスラリー第二弾

前回まで

雁行陣同士のクロスラリー1 - WANNAKNOW

 

今回はレシーブ時のボレーヤー

f:id:C_geokun:20160915225656j:image

Cがレシーブを返球する時、そのボールがBのボレーヤーにつかまって攻撃されるのを警戒するために、Dは少し下がってBの動向を伺います。

位置としては、だいたいサービスラインの半歩前、センターラインの一歩横。よく、はじの方に立つ人がいますが、それだと狭い場所をふさいで広い場所を開けておくことになるので、守りには不向きなポジションです。狭いはじの方を開けて、広いセンターの方をふさぐのが守りのセオリーです。

そして、パートナーのCのレシーブが相手前衛の横を通り過ぎてBがボレーしないことが確定したら、半面の真ん中でネットの近くに前進します。この前進へのスタートが遅れると攻守の切り替えが遅くなり、攻撃チャンスを逃すことになってしまいます。かといって相手前衛がボレーしそうなのに前進を始めてしまっては、コートを守れないばかりか、至近距離からボレーを打たれて危険です。

なので、この前進のタイミングは、結構大事です。