テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

雁行陣同士のクロスラリー1

今日から何回かに分けて、雁行陣のクロスラリー時の様々な注意点を投稿していきます。

まずは、サービスを打つ時点での注意点です。

 

f:id:C_geokun:20160914234029j:image

Aの人がサービスを打つとします。

この場合、Cの人しかレシーブを返してはいけません。Dの人が返したり、Cがノーバウンドで返したりすると、ABの得点になってしまいます。

なので、サービス時に限っては、Bは至近距離からボレーされることはなく、Dを無視していいのです。

BはCの打ち損じを期待してネットに近い位置に立ち、Cのレシーブに集中するのです。Cに自分のサイドを抜かれ(ストレートパッシングショット)ないように、半面の真ん中あたりにポジションすふことも忘れないようにしましょう。