テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

フラットサーブ(回内)

以前の

サーブの体の使い方2(回外) - WANNAKNOW

このエントリーで「回外」という腕の動きを説明しましたが、この回外という動きからラケットを振り上げるだけだと、ボールに対してラケットがフレームから近づいて、サイドスピンやトップスピンがかかります。

回転をかけずにフラットサーブを打ちたい場合、インパクトの瞬間にラケット面をボールに向けるために、回外の逆「回内」という動きをする必要があります。当たる瞬間に親指を前に出す感じ。この回内をさせるタイミングを上手に合わせられればサーブのスピードが上がりやすくなります。

 

P.S

スライスサーブやスピンサーブなど、回転をかけるサーブを打つ場合でも、インパクトの後に回内はさせた方がいいです。回内をせずに振り切ると、ラケットのフレームが左脚のスネに当たってとても痛い思いをします。回内をさせてラケット面をひっくり返すことによってラケットのフレームの通り道が変わります。