テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

サーブのトスアップ問題(投げ上げ方編)

今回もサーブのトスアップ問題。

前回はボールの持ち方でした。

サーブのトスアップ問題(ボールの持ち方) - WANNAKNOW

今回は投げ上げ方です。

腕の関節をたくさん使いすぎてしまうと、まっすぐ上げるのが難しくなります。

まず、肩の関節だけ使って腕を上げていきます。この時に肘を使ってしまうと手が動く方向が後ろに行ってしまうので気を付けましょう。

手のひらの向きは最初は前を向いていますが、肩を使って腕を上げていくと、顔の高さぐらいに上がった時に手のひらが真上を向きます。この辺でボールを手放すとまっすぐ上がるのですが、少しタイミングがずれると手のひらの向きは、どんどん後ろを向いていきます。

なので、投げる前に手を下げている時は、手首を少し手のひら側に曲げて、手を上げながら手首を伸ばしていき、顔の高さを手が通り過ぎる頃に、手首を手の甲側に曲げると、手のひらは終始、上を向いていることになります。

目の高さぐらいで手放すのがベストですが、上記の方法で手首を使えば、多少手放すタイミングが狂っても、手のひらが終始上を向いているので、ボールは真上に上がって行きやすくなります。