テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

サーブのトスアップ問題(ボールの持ち方)

サーブのトスアップで悩んでる生徒さん多いです。

腕には、肩、肘、手首、指、とたくさんの関節があるので、うまく関節をコーディネートして動かさないと、指先の第一関節のが動くだけで、ボールが思ったより後ろに上がったりします。

 

まずボールの持ち方

  1. 4本の指に乗せて、親指で支えて持つ
  2. 人差し指と中指に乗せて、親指で支えるように持つ
  3. 小指と薬指を曲げて、薬指の側面にボールを乗せて、人差し指、中指、親指の3本で、コップを持つように持つ

 

持ち方は自由ですが、個人的なおすすめとして、あまり、包み込むように持たない方がいいと思います。指の関節が曲がってると指先にボールがひっかかり、手放す時に安定しないからです。

 

1と2は手放す時に手のひらが上を向くので、ボールを上げたい方向と手のひらが一致してイメージしやすい。ただ、手首や指の関節の影響を受けやすいです。

逆に3は、手のひらが横を向くので、上げる方向のイメージを持つために慣れが必要ですが、手首や指の影響を受けづらいのです。