テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

サーブの体の使い方2(回外)

前回エントリー

サーブの体の使い方 - WANNAKNOW

前回から引き続きサーブの体の使い方です。

前回は実は少し解説をわざと、はしょりました。

この部分です。

腰のあたりがまず先に回ることによって、肩甲骨が背骨に寄って、引き金を引いたような感じでエネルギーが溜められます。そしてその肩甲骨が元に戻ろうとする動きと同時にラケットを振り上げるのです。

ここで「肩甲骨が元に戻ろうとする動きと同時にラケットを振り上げる」と書きましたが、これは初級者、初中級者用のイメージです。まだサーブの技術が未熟な人はこのくらいのおおざっぱなイメージでいいと思います。

が、しかし、もう少しスピードを上げたい、フラットサーブが打ちたい場合には、肩甲骨が元に戻ろうとする動きと同時に、ラケットではなく手元やラケットはまだ後ろに残したまま、肘を先に上に上げるのです。この動きが肩の付け根の球関節にねじれ、いわゆる回外という動きをつくり出します。

f:id:C_geokun:20160904231913j:image

この回外というねじれが戻る動きと同時に肘を伸ばしてラケットを振り上げると、後ろに残っていた手元が前に進み、それに伴ってラケットヘッドが前に進むのです。

先ほども触れましたが、この動きは、少し複雑になりますし、肩の強さや柔らかさも必要になるので、初級者や初中級者は無理に回外を作らずにラケットを振り上げましょう