テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

セカンドサーブ

セカンドサーブは確実にコートに入れるために、ボールを高めにコントロールしつつ回転をかけてアウトを防ぎます。

前回(注1)と前々回(注2)に説明した右に円を描くスイングは、スイングしはじめは、

  1. ラケットヘッドがいったん左に回ってあがり出して
  2. その後すぐ、右に進みながら上がっていき
  3. 頂点を通り過ぎると、右に進みながら下がり始め
  4. しばらくすると左に回りながら下がっていきます。

 こんな感じ

f:id:C_geokun:20160902232450j:image

セカンドサーブでは、1〜4の過程の中の2の部分でインパクトすると、ラケットは振り上がってる最中だし、少しトップスピン(注3)に近い回転のボールが打てて、高めに上がったボールがネットを越えた後、サービスコートに落ちやすい、アウトしにくい確率のいい結果を出しやすいタイミングです。

 

(注1)サーブの大まかなスイングの補足 - WANNAKNOW

(注2)サーブの大まかなスイング - WANNAKNOW

(注3)トップスピンの特徴と打ち方 - WANNAKNOW