テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

サーブの大まかなスイング

今日はサーブの大まかなスイングについて

サーブを打つ時、打球方向に対して体を横に向けてラケットを担ぎますよね。

体の回転を腕のスイングに連鎖させるために、横向きのまますぐに振り上げずに、ラケットを担いだまま体を回して正面向きになります。そうするとラケットを担いでる右肘は体の右側に来ますよね。なので、その状態から手の部分も右側に回していくと、ラケットは高く上がっていきます。

前にボールを打ちたいからといって、手を前へ進ませてしまうと、ラケットは低く降りてしまうのです。

サーブは担いで体を回したら、手を右に回して、体の右側に円を描いてから左腰あたりに収めていくといいです。