テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

ダブルスのストレートロブからの攻撃の定石

1。まずはストレートロブを前衛の頭上に打ちます。相手後衛は追いかけます。

f:id:C_geokun:20160830235949j:plain

2。相手前衛はそのロブが取れないと判断したら、パートナーに「お願い」と声をかけて反対サイドにサイドチェンジします。あまり端っこにいくとセンターが空きすぎるのでセンターライン寄りに下がります。

f:id:C_geokun:20160831000432j:plain

3。味方前衛は、相手後衛が崩れて返球されるチャンスボールを期待してコートの真ん中近くにポジションをします。せっかくパートナーがストレートロブで相手を崩しても、このセンターライン寄りへのポジショニングを怠ると、得点につながりづらくなります。

f:id:C_geokun:20160831000930j:plain

4。相手後衛は崩れかかって返球せざるをえない場合は、より遠い人を狙って返すのがセオリーです。このケースの場合はストレート方向ですね。そして、その返球を「3」でセンターに寄ったボレーヤーが仕留めていきます。パートナーが相手を崩したくれたら、ボレーヤーは自分のところに来たボールだけでなく、左右4歩ぐらいは動いて取りに行く覚悟を持ちましょう。

f:id:C_geokun:20160831002205j:plain

5。味方前衛は、せっかく届いたボールをまた相手後衛にに返球してはいけません。せっかくのチャンスが台無しです。ご覧のように相手が崩れて打ったチャンスは、エースを狙えるコース、相手前衛のサイドを狙ったほうが得点につながりやすいです。

f:id:C_geokun:20160831002721j:plain

 

これらがストレートロブを上げた時の定石となります。あくまで定石ですので、ケースバイケースでポジションやコースも変化していきますが、初級や初中級レベルのプレーヤーはまずこの定石を再現できるようにプレーしたほうが、理解しやすいでしょう。