テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

前衛がギリギリ届くロブを使ったポイントの取り方(ストレートロブ編)

c-geokun.hatenablog.jp

 

上記の回に引き続き、今日もギリギリロブを使ったポイントの取り方です。

ダブルスの場合、一人は攻撃役で前、もう一人はサポート役として後ろに立つという陣形がポピュラーです。なので、前衛にギリギリ届くロブを打つと、後衛の人がそれをサポートするように前衛の後ろで待機したりします。

でも、前衛が届いて返球すると後衛は自分の元いたポジションに戻らないといけません。その後で、今度は手の届かないロブを前衛の頭上に打つと、前衛は取れずに今度は後衛は本当にボールを追いかける必要があります。

つまり、後衛は一旦前衛のサポートに走って、また元のポジションに走って戻り、今度は本当にボールを走って追いかける。コートを一往復半することになるのです。

最初から前衛が取れないロブを前衛に上げるのに比べて、後衛をたくさん走らせることができるのです。その分、後衛の返球が崩れやすいので攻撃のチャンスが膨らみます。