テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

前衛がギリギリ届くロブを使ったポイントの取り方(アプローチ編)

c-geokun.hatenablog.jp

前回までは、ボールの高さのコントロールの仕方がメインで解説していましたが、今回からは「相手前衛がギリギリ手が届く高いボール」を使ったポイントの取り方です。

そういう高さにボールを上げて取らせると、相手はラケットに当てるのが精一杯になって、帰ってくるボールか短くなったり、ゆっくりになったりします。特にバック側に上げると余計に力を伝えづらくなり、チャンスボールが来る確率が上がります。

そのチャンスボールを使って「攻撃を開始」します。無理矢理エースを取ろうとせずに、相手前衛がなんとかキャッチした後の隙をついて後衛に向かってアプローチショット(ネットに近づいていくためのショット)を打つ、これが「攻撃開始」です。

相手前衛にギリギリ取らせることをせずにアプローチショットを打とうとすると、相手前衛がアプローチの邪魔をしやすくなります。

ギリギリの高さで取らせて体が伸びきった状態にさせると、次への動作が遅くなりやすくなり、邪魔されずに攻撃を開始しやすくなる、これがギリギリロブをお勧めしたい理由の一つです。