テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

高さのコントロール1

今、実際に行っているレッスンではストロークの高さのコントロールをテーマに練習しています。特に、相手の前衛のボレーヤーが背伸びしてギリギリ手が届く高さにコントロールする練習です。

思い切り高く上げるロブなら、ボールよりかなり下から振り上げればいいですし、ネットすれすれの低いボールなら、ボールと同じような高さからラケットを振りだせばいいですよね。つまりコントロールの高低がはっきりしてる場合、ラケットの出どころがシンプルなのです。がしかし、高さを細分化したコントロールは、それだけラケットの出どころも細かく設定する必要があります。

(次号に続く)