テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

サイドスピンの特徴とサーブ

今日はサイドスピンについて。

いわゆるボールを横回転させることです。

ボールが回っている方向に曲がって行きます。

主にサーブに使われます。

ボールの右側面に向かって、ラケットの横フレームの方からから右に振ると、ボールは左に回って、打った人から見て左に曲がって行きます。これがいわゆるスライスサーブです。

ボールの左斜め下に向かって、ラケットの横フレームから左斜め上に振ると、ボールは斜め右に回ります。しかしラケットは左の方に振っているので、ボールの軌道は左方向に飛んでいき、バウンドするとボールの斜め右回転に影響されて、急激に右に跳ねる。これがキックサーブです。手首や背中などいろいろな体のパーツが柔らかく、かつ強靭でないとできません。初級の良い子は真似しないようにしましょう。