テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

スライス回転の特徴

今日はスライス回転のお話です。

日本語だと逆回転と呼ばれます。

ボールの回転が「逆」、何に対して「逆」なのかというと、ボールの進行方向に対して「逆」だということです。この回転は、ボールが上へ上へと上がろうとしますので、トップスピンのようにネットを越すために踏ん張って止まる必要はありません。この特徴を生かして、前に進みながら打つアプローチショットや、遠くに走らされて止まる余裕がない時に使われたりします。

もう一つの特徴は、逆回転の回転数によってボールのバウンドの仕方が変わるという点です。

回転数が少ないとボールがバウンドする時に低くすべります。なのでアプローチの時に回転数が少ないスライスを打つと、相手はボールを持ち上げづらくなり、頭上を越えるようなロブが打たれるリスクが軽減されるのです。

逆に、回転数が多いと、ボールが進行方向から逆行するような止まるようなバウンドになります。なので、ドロップショットを打つ時にスライス回転数を増やすと、ボールがより短くなり、より追いつきづらいドロップショットになります。