テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

トップスピンの特徴と打ち方

今日から、ボールの回転のお話しです。

まずは、トップスピン。

別名ドライブ、日本語だと順回転と呼ばれます。

ボールの回転が「順」、何に対して「順」なのかというと、ボールの進行方向に対して「順」だということです。この回転は、ボールが下へ下へと落ちようとしますから、高めの弾道や、ある程度スピードの速いボールでも、飛びすぎずにコート内へと落ちていきます。一球一球、力加減を気にせずボールを収めやすいので、ラリーの中で使う頻度が高いプレーヤーが多いです。

もう一つの特徴として、バウンドしてから高く跳ね上がるという特徴があります。この特徴は、特にクレーコート(土のコート)で有効で、トップスピンを強くかけられると、後ろに下がって返球せざるをえないことが多くなり、その後の配球も組み立てやすくなります。さらに、相手がネットに近づいてきた場合、取れない高さにトップスピンで頭の上を抜くと、ボーレーヤーは追いかけても跳ね上がったボールに追いつくのは至難の技となります。

打ち方としては、ラケット面をややかぶせて(下に向けて)下から上に振り上げながらインパクトをします。ただ、昔のラケットと比べて最近のラケットは高反発で軽量化されているので、それほど振り上げずに、かぶせたラケット面をボールの後ろからつかまえるプレーヤー(特にプロ)が増えてきています。ですが、それでもやはりかなりのスピードが必要ですので、一般のプレーヤーは下から上に振りげた方がいいでしょう。