テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

ウェスタングリップのスイングは肘を。。。

ウェスタングリップの特殊なスイングのお話し。

フォアハンドストロークに関して。

ボールに順回転をかける場合、ラケット面を下に向けるためにコンチネンタルグリップやイースタングリップは、手のひらを下に向けてラケットを引きますが、ウェスタングリップは「ウェスタングリップは後ろ向き? 」で示したように、手のひらは上あるいは後ろを向きます。

右手を横に広げて、手のひらを下に向けたまま肘を曲げると、右手は胸や顔の前に進んできます(腕時計を見るような格好)。つまり、コンチネンタルグリップやイースタングリップでのフォアハンドのスイングを前方に進ませるためには、「肘を曲げる」という動きがとても重要になってくるのです。

しかし、同じように右手を横に広げて、手のひらを上に向けたまま肘を曲げるとどうなるでしょうか。肘の内側も上を向いてしまい、右手は右肩に近寄るだけになってしまいます(力こぶを作った時のような格好)。なので、ウェスタングリップの場合、「肘を曲げる」という動きは、あまり効果がないということが言えます。

ウェスタングリップのフォアハンドのスイングは、

「肘そのもので円を描くように体から離していく」のです。

肘が体から離れれば、相対的に右手は胸や顔の前に進んできます。

このように、コンチネンタルグリップやイースタングリップのスイングと、ウェスタングリップのスイングでは、全く違う関節の使い方をするのです。