テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

ウェスタングリップの打点は?

ウェスタングリップの打点は、前足のつま先の横あたりです。

ラケットは人差し指と親指の間から出てますよね。手を広げて、右手の手のひらを下に向けると、人差し指と親指の間はお腹側を向いて、手のひらを上に向けると人差し指と親指の間は背中側を向きます。

つまり、

コンチネンタルグリップは手のひらが下に向くグリップでした。つまりコンチネンタルグリップは、ラケットを引くとラケットヘッドはお腹側にきます。

逆にウェスタングリップは手のひらが上あるいは後ろを向くグリップなので、ラケットを引くとラケットヘッドは背中側を向きます。

ここから言えることは、ラケットヘッドがすぐ前方へ出て、スイングの早い段階でラケット面が前を向くのはコンチネンタルグリップ、ラケットヘッドがなかなか出てこないから、スイングの後半部分でラケット面がやっと前を向くのがウェスタングリップということです。

だから、コンチネンタルグリップは打点が後ろの方になり、ウェスタングリップは打点が前の方になるのです。