テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

両手打ちバックハンドのグリップは?

そういえば、コンチネンタルグリップのバックハンドのお話してなかった。

バックハンドに使われるコンチネンタルグリップは、ストロークに関しては両手打ちのバックハンドに適しています。両手打ちバックハンドは初級者の場合、左手のフォアハンドと考えてスイングを形作るので、左手はいわゆるイースタングリップで持ちます。

 

(フォアハンドイースタングリップに関する詳しいことは「イースタングリップ初心者の味方?」と「イースタングリップ初心者の味方?」を参照してね)

 

イースタングリップの打点は前足のかかとの横あたりなので、そこに合わせた右手のグリップを探すと、コンチネンタルグリップが適していることに気づくと思います。両手うちバックハンドでラケットを振り上げるためには、右手は「上げる」というよりは、「畳んで担ぐ」という動きになるので、これにはコンチネンタルグリップが最適かと思われます。左手のフォアハンドと考えるので、あくまで振り出す力は左手が生み出して、振り上げるための補助を右手が行うという役割分担をするのです。

余談ですが、普通の右手のフォアハンドで、体が力んでラケットが振り上げられない初級者には、フォアハンドでも両手で打たせてみると、左手が畳まれる動きがラケットを振り上げる補助になって飛躍的に上達することが結構あります。