テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

バックハンドイースタングリップの最適な打点とは?

バックハンドのイースタン。持ち方は前回の引用します。

バックハンドストロークイースタンは、八角形の真上の面に人差し指の付け根を当てて持ちます。

 

イースタングリップは、真っ直ぐなラケット面を作りたい時に役立つグリップですので、バックハンドの場合は右手を右足(前足)より少し前に置いて手のひらを下に向けたときが、ちょうどラケット面が真っ直ぐになるときです。

 

フォアハンドイースタンの場合はおへその横とか前足かかとの横とかで打ったのに、バックハンドイースタンの場合、なぜ前足より前になるかというと、スイングの支点となる右肩の位置が、フォアハンドの場合は後ろにきて、バックハンドの場合は前にくるからです。イースタンの場合肩を支点としてそれよりも少し前に打点を設定すると、ちょうどいいのです。

 

かといって、バックハンドでも打点が前過ぎてしまうと、ラケット面が上を向いてしまい、それを無理矢理真っ直ぐにしようと手首を折り曲げると、それこそ手首や肘の故障につながるので、気をつけましょう。特にバックハンドイースタングリップは片手打ちバックハンドに使われるので、片手打ちの方は「打点は限りなく前だ」というアドバイスは聞かないようにしましょう。