テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

イースタングリップは手を叩く?

イースタングリップは、ラケットを縦にした時に、人差し指の付け根がグリップの八角の右横に当たるようにして、握手をするように握ります。バックハンドストロークイースタンは、八角形の真上の面に人差し指の付け根を当てて持ちます。

 

打点は、だいたいおへその横から前足のかかとの横ぐらいまで。イースタンは手のひらとラケット面が同じ方向を向くので、手のひらもインパクトではが前を向きやすい。コンチネンタルグリップの時は手のひらは下を向いてたので、テーブルに手をついて実験してみましたが、イースタンは手を叩いてみると分かりやすいかも。左手は止めておいて右手だけを動かして手を叩いて、一番、音が大きくなるところがベストな場所です。

 

以前、こちらのエントリー「テニスの練習4 - WANNAKNOW」でも触れましたが、あまり打点が前になりすぎると、ラケット面が上を向いたり、無理やり前へ向けようとすると手首や肘が怪我しやすくなるので、打点には気を付けましょう。「打点はできる限り前」というアドバイスは嘘です。