テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

イースタングリップ初心者の味方?

イースタングリップとは、手のひらとラケット面が同じ方向を向いているグリップ。

なので、初心者の頃に各ショットを最初に覚えるために使うと(とりあえず)理解はしやすいです。特にフォアハンドストロークに関しては、そのまま初級や中級にレベルアップしてもイースタングリップをメインにするプレーヤーは多いです。

デメリットとしては、スマッシュやサーブを打つ時、グリップエンド(グリップの下の方)が手首に当たるので、手首を伸ばせずに打点が低くなってしまったり、手首を自由に使えなくなってしまったりすること。

もう一つは、バックハンドを打つ時にはグリップチェンジをしないと、ラケットが著しく上を向いてしまうということ。

なので、ある程度、グラウンドストローク、ボレー、スマッシュ、サーブという基本ショットをイースタングリップで理解したら、各ショットに合わせたグリップを探し始めた方が、先々の苦労が軽減されます。