テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

テニスの練習3

コントロールしたいボール軌道に対して、ラケット面の傾きとスイングの方向が、正しく設定されたのに、思い通りラケットが動かせなくて、失敗してしまう場合。


原因のひとつとして考えられるのは、ボールに近過ぎるというものが挙げられます。


ボールと自分との距離感ていうのは、なかなか初級者のうちは難しいもの。自分の素手でキャッチする感覚で近寄ると、ラケットの長さの分だけ近くなってしまうのです。


解決策としては、

フォアハンドの場合、左手を横に出して物差しとして使うという方法

ラケットの先っぽで当てるような意識を持つ方法

見てる景色をテレビ画面に見立てて、画面の端にボールが見えるようにしておく方法

などがあります。