テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

テニスの練習2

ラケットを思い通り動かしてるのに、ボールが上手く飛ばない場合。これはラケットの動きの理屈に誤解があります。

 

 

 

もう少し詳しく言うと、ラケット面が向いている方向真上をY軸、ラケットが動いている方向水平をX軸とすると、ボールの軌道は必ずX軸とY軸の間にあります。

つまり、ボールの結果を修正したければラケット面の傾きの角度(Y軸)を変えるか、ラケットの動く方向(X軸)を変えないといけません。

そこをよく理解しないまま、「テニス雑誌に書いてあるから」「コーチが言ってたから」などどいう理由で、股関節がどうのとか、骨盤がどうのとか、専門的な言葉に踊らされて意識してみても、ラケットが上を向いて上に振りゃボールは上に飛んでいきます。

繰り返しになりますが、前回の記事の冒頭部分をもう一度記しておきます。

 

テニスボールを直接コントロールしてるのは、テニスラケットです。なのでラケットがどのようにボールに向かっていくかが大事です。