テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

サーブのスイング軌道

ラケットをかついで身体を回すと、右腕の肘は身体の右側にきます。

なのに初級者はラケットを前へ振ろうとします。前にボールを飛ばしたいからだと思いますが、これは少し違います。前へ振ろうとするとラケットは下へ向かう動きが増えてしまいます。

ラケットが上へ向かう動きを増やすことが大事です。右側に右肘があるわけですから、ラケットは右側に動かして、身体の右側で円を描いてから、身体の左側に振り切る方がラケットを上へ向かわせる動きを増やせますし、動作として自然です。