テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

ボレーと肩甲骨

ボレーは振るなは嘘。

ラケットに動きがなきゃ、相手のボールの言いなりになって、コントロールできない。


腕の関節(肩、肘、手首)の中でも、初級者の場合、まずほんの少しでいいので肩甲骨の動きを使える準備を実践すると良い。


肘を身体にくっつけて肩甲骨の動きを殺してしまわずに、肘を身体の少し横に置いて準備すると、肩甲骨が背骨に寄ったり離れたりする動きが可能になる。


この動きがボールを前へ飛ばす原動力となるのだ。