テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

大阪都構想 最終回


昨日、住民投票が行われた大阪都構想

ご存知のように、反対派が多数で上回り、都構想は否決されました。

びっくりしたのはこの出口調査の資料です。
f:id:C_geokun:20150518024707j:plain
ちょっと見えづらいですが、20代から50代までは賛成が上回っていますが、60代70代以上の反対が他の世代の人数を凌駕するほど存在するということです。

これってマジでヤバくないですか?

だってこれからの日本を作っていくのは若い世代なんですよ?若い世代がいっちょがんばるかという気になったのに、あと20〜30年でいなくなる人たちのための結果になったってことですよ?

大阪都になったって、お年寄りが急に貧困になったり、ないがしろにされるなんてことはないですよ。あと20〜30年ぐらいは、今まで通りお年寄りの方々は、さして変わらない暮らしができるでしょう。
いや、逆に否決された方が若い世代が大阪を飛び出してしまって、騎馬戦型の年金システムが本当に肩車型になるんじゃないですか?若い世代が頑張れる場所を否決したんだから。若い人たちが稼いでたくさん税金納めてくれた方がお年寄りにたくさんお金回ってくるのに。
いやぁ、これはお年寄りの方々は自分で自分の首を絞めたことにもなりかねないんじゃないかなー。

僕は若い世代が反対してるなら仕方ないと思ってました。橋下さんは民間企業や若い世代が活躍しやすい体制作りを行っていたから、若い世代が「いやぁ面倒臭いっす」って言ってるなら意味ないから。
でもこの結果は、若い世代のやる気がみなぎってる結果じゃないですか。

橋下さん引退は残念です。しかし、住民投票にまでこぎつけた功績は大きいと思います。市民の目は今回の住民投票で、かなり肥えたと言えるでしょう。
次の市長選に立候補する人が、何を掲げて出てくるのか今から楽しみです。

ではは(^^)/