テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

大阪都構想たむけんの勉強会

大阪都構想、いよいよ明日ですね。
この前、たむけんが大阪都構想に関する勉強会を開いて、反対派からバッシングされたりしてましたが、具体的な中身に関しては批判は起こってないようです。たむけんも辛坊治郎氏も偏りがあるようには見えません。

とにかくこの勉強会の内容がわりやすかった。
最後の最後で1番わかりやすい資料でてきて
togetterにまとめられてるので、リンクを貼りました。

辛坊治郎「今回の住民投票特別区になって実際どうなるかは区長の出来次第、未来の話だから誰にもわからない。もしかしたらとんでもない区長が出てくるかもしれない、誰も未来の事は保証できない。この住民投票は将来的な、大阪の未来の可能性に賭けるかどうかという事。」 #大阪都構想勉強LIVE

ちゃんと、とんでもない区長がでるかも、とリスクを説明しています。

辛坊治郎「(中央政府の一部の人は)都構想に賛成でしょうね。今の大阪は赤字でそれを全部地方交付税で補填してる。国からしたらこれだけの大都市だから自立してくれというのが本音としてある。アジアからの位置関係にしてもうまくやれば東京なんか目じゃない未来がある。」 #大阪都構想勉強LIVE
都市間競争にも触れています。

辛坊治郎基礎自治体は小さい方がいいと思ってる。区長がその地区に住んで、肌感覚で地域の事をすぐ判断出来るのが理想的。極端な例だが、合併統合を繰り返しかなり大きくなった結果、ある地域で集中豪雨で土砂災害が生じてるが市長の住んでる所は晴れみたいな事が起こる」 #大阪都構想勉強LIVE
二重行政の問題でも1番困るのが災害時だと思います。
新型インフルエンザがヤバいってなった時に、当時の橋下府知事は二重行政を絶対に解消せねばと思ったと言っています。

辛坊治郎「今回の住民投票でいきなり仕事が無くなる人はいない。ただ、ひとつ言えるのは大阪市議会議員は全員2年後クビになる事は決まる。その後、特別区の区議会議員に当選したとしても今より給料が30万円下がる。それをわかった上で賛成派は活動している。」 #大阪都構想勉強LIVE

そういえば政府は議員定数削減ていう約束してましたよね。

ーーーーーーー

今回は僕の意見というより、わかりやすい資料によって判断材料を増やす手助けになればと思いました。

ではは(^^)/