テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

Dさんの記事より3〜リアルを身につける

FacebookのBooというかわいい犬のタイムラインの写真
↑↑↑↑
Booという海外のFacebookページの写真です。
毎日かわいい犬の写真とともに英語でコメントが載っています。この写真には「week conquered」って書いてあります。

直訳だと「1週間が征服された」

これだけでもなんとなく意味は分かりますが、
一応辞書で調べようとしたら、自分のには載ってません。そこで活躍するのがGoogle検索です。

week conqueredを検索してみると
TGIF! Another week conquered!
Another busy week conquered!
First week conquered!
などなど様々なツイートや書き込みがヒットします。これらのネィティブが使っている生の英文から雰囲気を感じ取り、意味を推測して、真似してみる。辞書で調べるよりも、言葉の意味が自分の中で生き生きしてくるのを感じませんか?

大正解かどうかわかりませんが、多分この意味は
「やっと1週間が終わったぜ!」とか
「忙しい1週間を乗り越えたよ〜!」とか
「(初出勤か何かの)最初の1週間を無事終了」
など歓喜や安堵を表現する言葉なのでしょう。

日本に住んでいると、日本での出来事を英語にしたくなりますがこれってあまり意味のないことなんじゃないかな。
日本での出来事は日本語で話せばいいんじゃないかと。

以下は、以前ご紹介したDさんの記事からの抜粋です。

” 対象の言語と文化に対して最大限の敬意を払う。
 対象文化圏の簡単な歴史ぐらいはWikipediaでさらっておく。
 自分の常識からどんなに離れていて奇異に感じることも理解しようとつとめる。歴史を生き残った言語や文化とは神である。”

” 外国語で会話する時は、対象文化圏の話題、又はグローバルな話題を選ぶ。
 要は、英語で日本の政党の批判をしたり、日本のテレビ番組の話をしたりしない(結構いる)。日本の新聞の英語バージョンを読んだりしない。”

P.S.それにしてもこの犬はかわいいなぁ。。。。

ではは(^^)/