テニスにて

テニスコーチの視点からの解説

新聞の見方

東京新聞4/17経済面

f:id:C_geokun:20150417184725j:plain
シャープ本社売却(;_;)
マック100人希望退職(;_;)
マンション発売減少(;_;)

という記事がある紙面の中に

「大手平均8502円賃上げ(≧∇≦)」

リストラとかいっぱいあるし、モノも売れないぐらい不景気けど、給料は上がるよってこと?

マックやシャープはもう大手じゃないよってこと?

それとも、

誰かが好景気を(無理矢理)演出しようとしてるってこと?

テレビやネットは速報性高いし、特にネットは検索に関してはメチャクチャ便利だけど、こういう面白さは新聞にしか出せませんよね。

カテゴリーは同じだけど内容の違う記事たちを漫画みたいにコマ割りというかカット割りができるのが新聞の特長です。1枚の紙に複数の記事が同時に見える面白さを演出できます。テレビ欄のある部分を縦読みすると特定のメッセージが隠されている、なんていう遊びもありましたよね。

世界は時間と空間で成り立っています。
言い方を変えれば、人間に与えられた共通の財産が時間と空間です。この時間と空間をどう使うかでその人の人生が決まっていくと言っても過言ではありません。
ネットは時間に強い。新聞は空間に強い。
だから、ニュースもネットで見る時より新聞で見る時の方が、空間、つまり記事の配置や大きさなどに目を向けてみると違った世界が見えてくるかもしれません。



今回は新聞社側は意図してるのかどうかわかんないけど、「お前、給料上げてやる代わりに首だ」みたいな不条理なコントを見たようでした( ̄▽ ̄)

ではは(^^)/